cafe time sucre

カフェ・タイム・シュクレは、シュクレの杉浦今日子が、日々の出来事や刺繍のこと、
フランスのこと、もの作りのことなどをつらつらと書き綴る日記です。
コーヒーやお茶を片手に、ひと休みという時間のお供にどうぞ。


最新のコラムへ >>
2009.4.23
ハーダンガー
刺繍には本当に色々な種類の刺繍があって、それぞれがそれぞれの魅力を持っています。私はいろいろな刺繍に手を出すタイプで、今までとにかく様々な技法の刺繍をやってきました。フランス刺繍、日本刺繍、ビーズ・スパンコール刺繍、リボン刺繍、アップリケ、ミラーワーク、スタンプワーク・・・などなど。どれが一番好き、というものではなく、これらを上手くミックスさせて世界観を出せたらいいと思っています。

さて、針と糸、ビーズやリボンに囲まれてせっせと刺繍をする毎日ですが、最近ご無沙汰していた『ハーダンガー刺繍』を刺してみました。北欧、ノルウェーの刺繍です。もともとイタリアで生まれたドロンワークが北欧に伝わり、そこから発展していった刺繍。織り糸を抜いてかがり、模様を作っていきます。

この刺繍に出会ったのは、今からはるか昔の○○年前。刺繍を習い始めた頃、教室のカリキュラムで初めて『ハーダンガー』という刺繍を知りました。とにかく、なんて美しく、しかも難しくないのにレーシーな模様が作れる・・・というので、当時の私は夢中になったものでした。『ハーダンガー』の専門の雑誌(異国のもの・・・。あれはノルウェーの雑誌だったのかな??)なんかも見たりして、かなりの夢中振りだったのですが、実際にはすぐに飽きて今でも当時の名残である『制作途中の品々』が家にあります。こういうのって、捨てられないんですよね。そして、どんどん、たまる。


さて、今回は図書館でハーダンガーの本を見ていたら、そこに色々な技法を盛り込んだサンプラーになるパターンが載っていたのです。これをひとつやったら、ハーダンガーの技法がいい感じで学べるではないか・・・と思い、それを刺してみました。周りは額縁仕立てにして、糸2本抜いてヘムかがり。ちょっとした敷物に使えそうなサンプラーが出来上がりました。たまには規則正しいものをかっちり刺すというのもいいですね。それで自分の生活まで規則正しくはならないけど。


写真は今日仕上がったサンプラー。久しぶりにバッグでないものを作りました。これ、バッグにしても可愛いですよね。ほんとに手しごとって素晴らしい。一生楽しんでもまだ足りないくらい、やりたいことが次から次へとやってきます。

こちらはブログです。↓↓クラスのみなさんの作品の紹介と、白金台近辺情報を掲載しています。
http://web.mac.com/sucreweb/  
2009.4.10
ネタの神様
 本を読むのが好きで、とにかく毎日本を読んでいます。でも、それに伴う記憶力は残念ながら持ち合わせていないもので、読んでも読んでも右から左にすぅーっと抜けてっちゃうんですけど・・・。
 ちょっと小難しい本とか、わりと深刻な小説とか読んだあとには、軽いエッセイなんかが読みたくなるわけですが、先日本屋さんで初めて林真理子さんのエッセイを手にしてみました。これがなかなか面白い。今まで小説もエッセイも、林さんの文章を読む機会がなかったんですけど、女流作家というのはこんなもの・・・というのが随所にありつつ、時代の流れを読みつつ、でも自分のダメダメなところなんかもご披露していたりして、実に楽しめた一冊でした。
 その中に、『ネタの神様』という言葉がありました。彼女の行くところ、行くところ、『どうして女流作家の前でそんな面白いことをしてくれるんだ、君たちは!』てきなことと非常によく遭遇するそうです。もちろん、林さん自身の観察眼が並外れて強力ということもあるのでしょう。他の人は気づかないようなことに気づいてしまう・・・みたいな。

 友人で、ネタの神様が自分に舞い降りて来てしまう人がいます。この人はすごい。『どうしてあなたにばかりそんな面白いことが起こるのか???』と思うくらい、珍しい出来事に遭遇する。これは才能です。そしてそれをちゃんとネタとして披露して、笑いをとっている。
 実は結構、もし自分がそんな目にあったらかなりヘコんじゃうな・・・というようなことだったりします。痛い目だったり、恥ずかしかったり、理不尽だったり・・・ということが多い。でも彼女はヘコまない。ネタにする力がある。ある意味尊敬します。


写真はフランスの中央部、トゥールという街を歩いていたときに見つけたあるお家の窓にさがっていた刺繍。全部白のホワイトエンブロイダリーです。アイレットが入っていたり、ハーダンガーの技法が入っていたり。白糸の刺繍もミックスして、素敵です。フランスの建物は、窓枠がいいんですよね。日本のサッシとはちょっと違う。こんな窓だったら、いっぱい刺繍したものを飾っちゃうのになぁ・・・。ハーダンガーだとついテーブルウエアのイメージが強いですが、こんな風に窓を飾って透け感を楽しむのもいいですね。
今、ハーダンガーのサンプラーを作成中。久しぶりにやると楽しいです。

こちらはブログです。↓↓クラスのみなさんの作品の紹介と、白金台近辺情報を掲載しています。
http://web.mac.com/sucreweb/